ウェディングドレスコレクションについて

このウェディングドレスコレクションでは、結婚式で使うウェディングドレスの情報をまとめています。 特別なシーンである、結婚式にステキなドレスを選べるように、ワンポイントアドバイスから、耳寄り情報まで、幅広く公開しています。 ご自身が納得いくようなステキなドレスが見つかることを切に願って、このサイトを更新していきます。

ホワイトアークのウェディングドレス



上質で洗練されたデザインのウェディングドレスを販売している、新宿のウェディングドレスショップのホワイトアーク様のご紹介です。コチラのドレスは、ドレスルームアミ様でも販売しているデザインを取り扱っています。フリーサイズのウェディングドレスですので、オーダーメイドのようにしっかりと自分の体にフィットしたような形が特徴的です。サイズ選びで迷われたり、自分に合った大きさのドレスが見つからなかったなどの経験がある方には最適なドレスがラインナップされています。結婚式の準備を行っていて、これからドレスを探そうと考えている方は、是非一度足を運ばれてみては如何でしょうか。

ウェディングドレス体験記

私は、自分の結婚式の準備でドレスショップに行った時、あるウェディングドレスに一目ぼれしました。それは、体のラインにピッタリと合うスリムなタイプのウェディングドレスでした。ノースリーブで背中が広く開いていて、ウエストやお尻の形もくっきりと出るようなデザインです。それでいて裾は、下に向かうにつれて回転しながら広がっているのです。カラーは純白で、ライトを浴びることで黄色やピンク色に輝きます。体にフィットしているということは、ギャザーなどが少ないということですから、全体のラインが滑らかでつるんとしています。その分光を反射しやすく、神々しいくらいに輝いていました。すっかりこのウェディングドレスに魅了された私は、ぜひこれを着用したいと強く願うようになりました。しかも、ふっくらとしたタイプのものと異なり、全体的に使用されている布が少ないせいか、価格がとても安いのです。安っぽいデザインには全く見えず、シンプルだからこそ気品があって美しいと私には見えました。それでもレースやフリルが少ないからか、一般的な相場よりはるかに安いので、その点もとても気に入りました。具体的には、想定していた価格よりも20万円も安いので、私は浮いた分を披露宴のゲストの料理に使うことにしました。一目ぼれしたウェディングドレスで結婚式に出ることができて、ゲストはおいしい料理を食べることができるのですから、一石二鳥だと思っていました。ところがひとつ問題があって、非常にスリムなデザインなので、私の体型では着こなすことが難しかったのです。とはいえ、どうしても着用したかったですし、ゲストたちにグレードの高い料理を提供することも諦められませんでした。 そこで私は、着こなせるようなスリムな体になるために、ダイエットをすることにしました。毎日野菜スープをメインとした食事をとり、できるだけ歩く時間や距離を増やしました。出勤や買い物にも車を使わずに自転車を使いましたし、さらに図書館でバレエやヨガの本を借りてきて、部分痩せができるポーズを学びました。特に腕と背中とウエストとを細くするために、努力しました。その努力の甲斐があって、私は3ヶ月ほどで見違えるほどスリムになり、憧れのウェディングドレスをきれいに着こなせるようになりました。体型に合ったものを選ぶ人が多いそうなので、私のケースはその真逆だったわけですが、おかげで本当に満足のいく結婚式や披露宴にすることができました。豪華な料理でゲストも喜んでくれましたし、痩せてきれいになったことを夫も喜んでいたので、笑顔のあふれる素敵な1日になりました。

安い予算で購入したウェディングドレス

結婚式をすることを予定していた時期、予算が少なかったのですが、少ない費用でもできる披露宴を検討したわけです。その際にウェディングドレスは安い価格で販売されていたところで手に入れましたが、値段は安いものでも品質は悪くなかったです。できれば、レンタルではなくて購入を希望していたのもあり、通販からウェディングドレスを取り扱っている店舗まで探し回ったのです。最終的には友人が教えてくれたショップで安い費用で買い求められるウェディングドレスを購入しましたが、サイズもデザインも幅広かったのは素晴らしかったです。安くても見栄えのいいウェディングドレスが揃っていたのも嬉しかったですが、選択肢も色々あったのは好都合だった部分です。ショップに来店した日に新作で入荷したドレスもあったりと品揃えの豊富さも魅力に感じたからです。気に入ったデザインのドレスもたくさんあったのは凄かったです。その場所で試着してみるとサイズも合いましたが、安っぽくなくてセンスも良かったです。そのショップで当日の結婚式に着るウェディングドレスも購入させてもらえましたが、想像しているよりも低価格で入手できたのはありがたかったです。急いでいたため、結婚式の準備に取り掛かるまでに購入を決定したのもタイミングとしてちょうど良かったですが、理想に近い仕上がりになってくれたりと非常に満足度も高かったです。スタッフの対応も丁寧だったりと好感が持てましたが、担当者が最後までしっかりとアドバイスをしてくれるなど面倒を見てくれたのも助かったところです。こちらからの要望も応じてくれていましたが、イメージに合ったドレスをいくつか探してきてくれたりと親切だったわけです。 値段も正しく見ながらも好みに合った形や素材やサイズのドレスを選ばせてもらえたのも喜ばしかったです。予約をしていなかったですが、来店してみると混雑しすぎていなかったりと選びやすかったですが、試着の予約もショップを訪れてからすぐに受け付けてくれたのも印象深かったです。ドレス以外にもアクセサリー類などの小物も置いてありましたが、細かいポイントまで自分の目で確かめてから選択できたのは大きかったです。結婚式場とも提携しているショップだったおかげで式場へのドレスの持ち込み料金のほうも大したことなかったですが、トータルで計算してみても費用もそれほど高くつかなかったりと金銭的な負担も少なかったです。

格安ウェディングドレス

私は昨年結婚式を挙げました。その際に、貸衣装を利用するのではなく、ウェディングドレスを購入しました。親からの金銭的な援助は一切受けていなかったので、はっきり言って予算はあまり多くありませんでした。でも、幸いなことに、とても安い値段でウェディングドレスを購入することができました。予算があまり多くないのであれば、貸衣装で済ませた方がよかったのではないかと考える人がいるかもしれませんが、貸衣装代も決して安くはありません。人気が高いデザインのドレスを借りる場合であれば、何十万円もの料金がかかります。それよりも、値段が安いドレスショップを探して購入するようにした方が、かえって安上がりになる可能性が高いです。 私の場合は、予算があまり多くなかったことに加えて、専門式場やホテルではなく、レストランウェディングをしたということも、ドレスを購入する大きな理由の1つになりました。もしも貸衣装を借りるということになると、式の前にまずドレスを取りに行かなくてはなりません。また、結婚式後もドレスを返却する手間が生じますので、なかなか面倒です。でも、購入してしまえば、そのような面倒な思いをする必要がありません。それに、普通のレストランで結婚式をするわけですから、ドレスを汚してしまったり破ってしまったりするリスクが高くなるだろうと思いました。結果的にそのような事態は発生しませんでしたが、ドレスが汚れてしまうことを心配しながら結婚式を挙げたくないと思ったのです。自分で買ったドレスであれば、汚そうが破こうが、後でショップと揉めてしまう心配が一切ありません。そういう安心感を得ることができたので、招待客の方への礼を失することなく、良いおもてなしができたのではないかと自負しています。私は、インターネットを利用してウェディングドレスのショップを探したのですが、一生懸命探したところ、希望していたマーメイドスタイルのドレスを予算よりもはるかに安い値段で買えるショップを見つけ出すことができました。値段がかなり安かったので、安っぽい布地が使われているのだろうかと少し心配していましたが、そのようなことは全然ありませんでした。肩や背中が大きく開いたデザインになっていた点とロングトレーンの形がキレイだった点が購入の決め手となったのですが、良い買い物をすることができたと満足しています。また、ヘッドドレスやグローブなどの小物も全部まとめて揃えることができたので、とても助かりました。

良いドレスの見極めについて

結婚する時には女性がウェディングドレスを着る事は一般的であり、よく見かける光景となっています。それに最近のドレスはとても綺麗に魅せる様にしてあるから、実際に着る女性もかなり楽しめると言われています。しかしそこで気を付けておく事はどうやって良いドレスの見極め方をするかで、非常に重要とされています。これは安易に決めてしまうと本当に適しているドレスかが判断しづらく、慎重に動いていった方が良いからです。なのでまずは出来る限り多くのドレスの情報を集めていく所より始めて、正しい知識を詰め込むべきです。そうする事でどこの企業が良い物を作っているかが分かってくるので、とても適している方法と言われています。それと具体的に情報を集める媒体としては主にインターネットだけを使い、色々な物に手を出さない方が無難です。何故ならネットを駆使するだけでもウェディングドレスなどの事を正確に調べる事が可能だからです。しかも本を使うよりもとてつもなく早いので、ほとんど時間をかける事もない所がインターネットの売りの一つです。だから良いドレスを見極めたい時にはインターネットで積極的に調べていく事が大事で、適切なドレスを得られる確率が高まってきます。

高ければ良いわけではない

ウェディングドレスは高ければ良いわけではないです,結婚式では最近の傾向では、新婦になる人は洋風な披露宴を好みます。ですから、そこで着用するものはたいていウェディングドレスです。では、このウェディングドレスはどこで購入または借りるのが良いかというと、基本的には一生に一度のものですから、購入するとなるとかなり費用がかかりますし、現実的ではないです。ですから、基本はレンタルドレスを利用するのがベストです。ここで着るドレスは高ければ良いわけではないです。いかに、新婦の人の体型にあっているか、いかにその人の雰囲気にあっているかです。ここがとても大きな点です。ホテル等で結婚式を行う場合は、そのホテルにはたいていレンタルドレスがあります。ここで、色々なドレスを試着してみます。試着してみるのと、眺めてみるのとでは感覚に大きな違いがでてきます。よって、まずは実物を着用するところがとても大切です。実際に試着すれば、このドレスが自分に合っているのかどうか、わかってきます。自分の直感も大切ですが、新郎となる方の意見も聞いておくのが良いです。そして、総合的に判断して、最終的に納得できるドレスを借りるのが良いです。できるだけ、金額にとらわれずに決定したほうが良いです。

ウェディングドレス選ぶ期間

ウェディングドレスを選ぶ期間は1~2ヶ月前に,"ウェディングドレスの貸衣装予約は、拳式の1~2ヶ月前くらいにします。式場の貸し衣装部か外部の衣装店を利用しますが、気に入ったものを見つけたいなら、選ぶ期間は別の店もあたれるように日程の余裕をもって選ぶことです。決めるときは、実際の予算より低いものから見せてもらうのが、予算をオーバーしないコツです。見た目と着たときの感じは違うので、必ず試着することです。母親や姉妹、友人などに同伴を頼み、遠くからの印象もチェックしてもらいます。最近は、安くてしゃれたウェディングドレスが海外から輸入されることもあって、購入する人が増えてきました。ドレスの値段だけに限れば、レンタルしても購入しても差はほとんどないようです。ただし、レンタルを利用する場合は、小物も一緒にそろえることができますが、購入する場合は自分で探さなければならないので、その分の手間と出費は覚悟する必要があります。ドレスをオーダーするなら、仮縫いが2~3回必要ですので、最低でも選ぶ期間は1~2ヶ月はみておきます。なお、レンタルオーダーといって、自分にぴったりのドレスを作ってもらい、式のあとに、レンタル衣装として引き取ってもらうシステムがあります。

ウェディングドレスをネットで買う

結婚式で着用する衣装にウェディングドレスがあります。これは一生の中でも一度のものです。よって、できるだけ自分にとって印象の良いものを購入したいところです。では、ウェディングドレスはどこでどのようにして購入するのが良いかというと、それは今の時代ならネット通販を利用して購入するのが良いです。では、インターネット通販のメリットはどこにあるかというと、これを利用することで、一般的なお店でドレスを購入するよりも、かなり安い金額で購入できる仕組みになっているからです。また、インターネットであれば、店舗をあえて持つ必要がありませんので、店舗費用が不要ですし、店舗に商品を集めておく必要がありませんので、それだけ多くの商品を提供することができます。よって、トータル的に考えると、かなり料金体系も安い設定になっています。安かろう悪かろうではなく、インターネットなら安くて良い商品を購入できるようになっています。結婚式を行うためにはそれなりに多額の費用が必要です。ですから、できるだけ抑えられる部分は抑えておきたいところです。ドレスもこのようにインターネットで購入すれば費用は抑えられますし、商品到着も実にはやいです。

ウェディングドレスの持ち込み料

結婚式で一番費用的に問題になるのがウェディングドレスの選択です。レンタルするのか購入するのか自分で作るのか悩みます。最近ではネットショップなどで格安のウェディングドレスをたくさんの種類の中から探すことができるようになりました。結婚式の費用を抑えるため新婦さんがやっとお気に入りを見つけてせっかく安く買えたのにそれを使おうとして式場に伝えたら、(持ち込み料)として数万円請求されて結局式場の提携ショップでレンタルする場合と料金が変わらなくなったというウェディングトラップが多々あります。だいたい相場は5-10万円と言われていて、提携ショップを使う時にはかからなかった費用が突然沸いて来るという式場の悪習がありますのでも持ち込みする旨をウェディングプランナーに伝えて別に料金がかかるかどうか確認する必要があるのです。ウェディングプランナー相談することで無料になるかもしれませんし、数着着用するうちの1着だけ提携ショップでレンタルすると無料になる場合もあるのです。しかし最近は持ち込み料を負担してくれるショップや式場が出てきました。キャンペーンなどで全額負担サービスしてくれるショップや式場などで探してみるのも一つの手段です。

レストランウェディングのドレス

結婚式をレストランウェディングで考えている方は、どこでウェディングドレスを借りたらいいのか困ると思います。レストランによっては提携ドレス店があるところもあるのでそのような場合はいいですが、ない場合は自分で探さなければなりません。しかし考えようによっては、自分の気に入ったテイストのウェディングドレスを扱っている店を選べるので大変楽しいです。提携店だと決められた中で探さないといけないので、限られてしまいます。ドレスショップを探す方法としては、ゼクシィナビなど結婚にまつわるお店を紹介しているサイトや雑誌から見つけるのが一番簡単です。ドレスショップの場所やどんな雰囲気のドレスを扱っているのか、どんなプランがあるのか紹介されているので、目星をつけやすいです。また注意したいのが、レストランウェディングだと会場があまり広くないことが多いので、ドレスの裾が長いものは避けたほうがいいでしょう。ホテルや専門式場だと逆にバージンロードが長いので、裾が長く見せるものが好まれますが、レストランだとここがポイントです。引きずって汚してしまうとクリーニング代を請求するドレスもあるので、安心して着られるものを選んだほうがよいでしょう。

芸能人のウェディングドレス

女性の永遠の憧れ、ウェディングドレス。一生に一度は着たいものです。近頃、芸能人がウェディングドレスでビジネスをする方が増えているように思えます。モデルだけでなく、タレントとしても若者に人気の「ローラ」もその一人。ローラのデザインはポップ&キュートがテーマです。カラフルな色を取り入れた遊び心がたっぷりな作品が多いですね。以前はドレスといえばシンプルがステキ。などの意見も多かったようですが、近頃はパーティードレスのようなオシャレなデザインが多いのでしょうか。お次は東京ガールズコレクションでランウエィを飾った女性にもファンが多い人気ファッションモデルの「佐々木希」。女の子が大好きなガーリーな素材、透明感、素材使いなど大胆勝つ鮮明にドレスをちりばめていますね。シンプルな大人っぽいドレスあり、キュートでガールズなドレスもあり、多彩な才能を感じます。お次はドラマ、バラエティーでも大人気の上戸彩。ブランドネームの「U」には上戸彩さんのイニシャルである「U」であり、あなたの・二人のためのドレスなどの思いが込められているそうです。ドレスは二次会・パーティーにあったデザインが好き。という意見もあるそうです。誰もが憧れる芸能人はやっぱり多彩な人が多いようです。

晴れの挙式に最適なウェディングドレス

晴れの挙式には、自分好みのウェディングドレスを着用したいものです。流行のデザインは、一際目立つ存在になり、人々に大きなインパクトを与えます。ウェディングドレスは、毎年流行のデザインが変わり、ミニ、ミディアム、ロング丈など長さも変化しています。また、袖の造りもノースリーブの他に様々な形のデザインがあります。理想通りのスタイルを見つけることができるドレスのレンタル店などでは、多彩な種類のドレスが展開されており、カラー、サイズも豊富です。結婚式では生涯の中で最も輝く美しい姿を披露したいものです。ゲストの方々に披露するドレスは、煌びやかで自分に合ったドレス選びを行いましょう。品質が高いドレスは、身体にマッチして動きやすく、スタイルも華やかな品格のあるドレスです。ドレスの演出は、結婚式をかけがえのない日にする大切なアイテムになります。思い出に残る印象的なドレスで豪華な挙式を演出しましょう。デザイン性に優れた流行のドレスは、ゲストの方々を釘づけにします。また、ハッと思わせるような人目を引く素敵なドレスは、挙式を豪華な一日にしてくれます。長いベールのドレスや、レースがふんだんにあしらわれたドレスなど好みに合わせて最適なドレスを選びたいものです。